ゆずごま


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--



いつか の日
朝の散歩でよく会う柴子ちゃん。今年で8歳。他の犬が近づくと威嚇してしまうので犬同士は挨拶できませんが、飼い主さんとはたまにお話します。
今日もお話していたら、知り合いの柴犬が亡くなったとのこと。10歳だったそうです。「今まで考えたこと無かったけど、うちの犬ももうそんな年になってきたんだなぁと思うと寂しくて…この子がいなくなるなんて想像もつかなくて…」と涙目に。私なんて今でも考えてしまいますよぉ。でも寿命からすればやっぱり犬のほうが先なんですよね。この子がいなくなったらどうしよう。
なんて話しながら涙ぐむ飼い主2人。ペットロス症候群予備軍の2人だなぁ。
スポンサーサイト

2006/06/02 10:09 | コメント(2)





そうだよねー柴犬は痴呆になりやすいっていうから介護の日々が長く続くのかもしれないなぁなんて薄ぼんやりとだけど考えたりします。飼い主の体力も必要ですよね。13キロの犬を抱っこして階段上り下りか…(汗)
猶予なかったって…すぐに欲しかったとも言わない?(じぃぃぃぃーーー)
いいなぁぁぁぁぁうらやましぃっ
きょお | URL | 2006/06/08 10:48 [編集]


考えてないとね・・・
とても辛いことだけど、考えたくないことだけど
ワンコを飼う以上(ペットは全て)、そのいつか・・のことを考えてないといけないよね・・・
私なんか、自分が歳くって来たから、ワンコの寿命が延びても
ちゃんと最後まで面倒見てやれるか?!って真剣考えたよ~
だから、あまり猶予はなかった・・・(爆)
みんみん | URL | 2006/06/07 08:51 [編集]




:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する

 + 




---【Login】
copyright © 2005 Powered By FC2 : Arranged by cadet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。