ゆずごま


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--



しつけ教室18回目
飼い主の都合で3ヶ月ぶりの教室です^_^; ダメダメ~

今日はコーギーちゃんと一緒。ペロは興味津々!!
先生から「最近はどうですか?」と質問。
ハイ、ますますオスわんことは近づけるのが怖くなってきました。特にビーグルやコーギー大き目のミニチュアダックスのオスで、相手が戦闘体制に入ってたり飛び掛ってきそうになってたら こっちからガウっと吠えてしまいます。
…そろそろフィラリア予防薬をもらいにいくので、その時に去勢の予約も入れようと思ってます。
と答えると「去勢後の反応に期待ですねー」と言われました。
それでも、去勢したら全く反応しなくなるわけではなくて、メスを取り合うための闘争本能が無くなる程度だと思っていた方がいいとのこと。外でしか排泄せず、あちこちのにおい嗅ぎの習慣もついているので、マーキングにはこれからも注意してください。飼い主が放っておいて変化を期待するのは他力本願すぎます。これからの飼い主の対応にかかってますよ と言われました。
ハイ。心します。

今回は、まずは2頭を軽く挨拶させてみることに。(コーギーちゃんはメスわんこ)
リードがたるんだ状態で2頭の鼻先をつき合わせ、お互いがお尻の匂いを嗅ぐか嗅がないかのところですれ違う。 うー難しいんですけどぉぉ。
これがスムーズに出来ると喧嘩することも少なくなるし、匂い嗅ぎしたことで犬も納得してそれほど相手に執着しなくなるのだそうです。
(ただし、これが出来るのは明らかにガウガウ状態でない時に限る)
ペロは初対面の犬を見るとすぐに背中の毛が立つので、近づけるのはやはり毎回緊張してしまう。きっと飼い主の緊張がリードを伝ってペロにも伝わってしまうのでしょう。

無理に挨拶させなくてもいいのかもしれないけど、出来れば他の犬を見ても落ち着いていられる犬になって欲しいと思っているのだよ。ペロさんや。

軽く挨拶を済ませ、今度はわざとすれ違い、そのタイミングで犬に「オスワリ」のコマンド。
あきません。ペロさん、コーギーちゃんに興味津々で飼い主の方など見やしない。はぅ。仕方ないのでおやつ使用。鼻先に持っていって無理やり飼い主の方を向かせてオスワリ。 これでやっと出来ました。
何度かやってるうちにオスワリするようになってきましたが、やはり他のワンコへの興味の方が勝ってしまう。 

練習してない飼い主も悪いよね^_^;

最後に「おいで」の練習。
ロングリードにして飼い主後ろに後ずさりながら「おいで!」と呼んで自分の前に「オスワリ」させる。 これはなんとか(本当に”なんとか”)出来ました。でも、オフリードで出来る状態ではござんせん。メスワンコ見つけたら飼い主無視で飛んでいくだろうなぁ。

またしばらく私の仕事の都合でお休みすることになりそう。
その間に去勢手術もする予定なので、今までとは一味違ったペロと飼い主をおみせできる様 ちょっとは練習もいたします。 ハイ。 
スポンサーサイト

2007/05/15 20:33 | コメント(0)






:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する

 + 




---【Login】
copyright © 2005 Powered By FC2 : Arranged by cadet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。